症例

症例04 大腸がん⇒多発肺転移

症例04 大腸がん⇒多発肺転移

治療内容

標準治療不応となった大腸がんから多発肺転移したがんに対して、がんペプチドワクチン療法と免疫抑制解除薬を組み合わせた「がん複合免疫療法」を行う。

治療結果

多発肺転移巣は、縮小あるいは消失

治療前
治療開始19週後

余命3ヶ月と診断されたが、長期間安定した状態を維持し、当該患者さまは仕事も継続中