初診の方へ

初診の方へ

初診の方へ

NEOクリニック東京のがん治療について

NEOクリニック東京では、がんを遺伝子レベルで解析し、患者さまの個人レベルで最適な治療方法を提供するという❝Precision Medicine(プレシジョンメディシン)❞をがん治療の基本方針としています。

現在の健康保険制度の制約のなかで、保険診療を主体とする一般の病院では、たとえ遺伝子解析によって適合する可能性のある薬剤が見つかっても、その薬剤の多くが保険適用の対象外であるために、結果として投与できないという状況が生じています。

NEOクリニック東京では、がんの予防・診断から第4のがん治療と呼ばれる「がん免疫療法」、分子標的薬を投与する「分子標的療法」に至るまで、健康保険制度の枠組みにある標準治療を補完する幅広い治療を行っています。「がんゲノム医療」を中心とした先端医療と標準治療を適切に組み合わせることにより、患者さま一人ひとりに応じた個別の治療❝次世代型オーダーメイド治療❞をご提供致します。
またがん治療の補助療法である「がん性腹水治療」や「がん運動療法」など、患者さまの生活の質を改善し、可能な限りこれまでの生活を維持していくことにも取り組んでいます。

あらゆる観点から調和した医療サービスをご提供し、がん患者さまが最大限の治療効果を得るためのトータルサポートを行っています。

NEOクリニック東京のがん治療全体像

① がん細胞の特徴を知る

ゲノム解析によりがん細胞の遺伝子異常を調べる(ゲノム医療)

全体の70%〜90%

全体の10%〜30%

② 最適な治療薬を見つける

遺伝子異常に適応する薬剤なし

遺伝子異常に適応する薬剤あり

分子標的療法

③ がん複合免疫療法を提供する

ネオアンチゲンペプチドワクチン療法」「オンコアンチゲンペプチドワクチン療法」「サイトカイン療法」「免疫チェックポイント阻害療法」を中心に、 患者さま一人ひとりに応じた個別の治療を提供

④ 補助療法を提供する

がん性腹水治療」「運動療法」の提供を中心に、患者さま一人ひとりのQOLの維持・改善を図る

TOPICS

NEOクリニック東京では、現在進行がんの標準治療を受けている方・抗がん剤が不応となった方・手術後の再発予防をお考えの方など、患者さま一人ひとりの病期や目的に応じた個別の治療計画を策定しています。