がん治療

がん免疫療法

がん免疫療法

がん免疫療法とは

❝がん免疫療法❞とは、免疫の力を利用してがんを攻撃・排除する治療法です。

がん統計(国立がん研究センター がん登録・統計)によると、1年間にがんに新しくかかった人(罹患数)は1985年以降増加しており、2020年には1985年の罹患数の約3倍にも上り、100万人を超えることが予測されています。
その一方で、医学のめざましい進歩により、生存率も上昇しています。
しかし、現在の標準治療である外科治療(手術)・化学療法(抗がん剤)・放射線治療を行っても、効果を得られない方が一定数存在されています。

こうした状況の中、近年新たな選択肢として、体に本来備わっている体内に侵入してきた細菌・ウイルスを排除する力「免疫」を利用した❝がん免疫療法❞が世界的に注目されています。

TOPICS

がん複合免疫療法について

NEOクリニック東京では、❝Precision Medicine(プレシジョンメディシン)❞に基づき、ネオアンチゲンペプチドワクチン療法オンコアンチゲンペプチドワクチン療法を中心にサイトカイン療法免疫チェックポイント阻害療法分子標的療法などとも組み合わせ、患者さま一人ひとりに合った❝がん複合免疫療法❞を提供致します。

がん細胞に対する免疫療法には、大きく分けて以下の3つのタイプがあり、これらを適切に組み合わせることにより治療効果の最大化を図ります。

がんに対して免疫による攻撃力を高めるタイプ・ネオアンチゲンペプチドワクチン療法
・オンコアンチゲンペプチドワクチン療法
・サイトカイン療法
がんによってブレーキがかかった免疫の攻撃力を回復させるタイプ・免疫チェックポイント阻害療法
がんによって生じた免疫抑制状態を解除させるタイプ・少量抗がん剤
・抗体療法
・分子標的療法
・サイトカイン療法

当クリニックの医師による臨床研究・臨床試験・臨床レポート

がん複合免疫療法の流れ

ネオアンチゲンペプチドワクチン療法・オンコアンチゲンペプチドワクチン療法を主体とした、がん複合免疫療法の大まかな流れは次の通りです。

がん組織や標本あるいは血液を採取する

ネオアンチゲンペプチドワクチン療法の場合

手術あるいは生体検査でがん組織や標本あるいは血液を採取する

オンコアンチゲンペプチドワクチン療法の場合

血液を採取する

がん抗原の選定を行う

ネオアンチゲンペプチドワクチン療法の場合

ゲノム解析の結果を踏まえ、ネオアンチゲンの選定を行う

オンコアンチゲンペプチドワクチン療法の場合

血液検査の結果を踏まえ、オンコアンチゲンの選定を行う

ペプチドの合成

免疫賦活剤の混合

ペプチドワクチンの皮下接種

オプションとして、

  • 少量抗がん剤療法
  • 抗体療法
  • 分子標的薬
  • サイトカイン療法
  • 免疫チェックポイント阻害療法

を組み合わせます。

がん複合免疫療法のスケジュール例

例:ネオアンチゲンペプチドワクチン療法が中心治療の場合

ゲノム解析等約1ヶ月 手術あるいは生体検査でがん組織や標本あるいは血液を採取
ゲノム解析 / ネオアンチゲン選定
ゲノム解析期間中に行うオプション 免疫抑制状態の解除
・少量抗がん剤 / 抗体療法
・分子標的薬 / サイトカイン療法
ペプチド合成数週間 ネオアンチゲンペプチド合成
免疫賦活剤を混合
ワクチン接種約1.5ヶ月〜3ヶ月

ネオアンチゲンペプチドワクチン皮下接種

オプション 免疫チェックポイント阻害療法

目的別 がん複合免疫療法 メニュー例

NEOクリニック東京ではネオアンチゲンペプチドワクチン療法・オンコアンチゲンペプチドワクチン療法を中心治療とした目的別がん複合免疫療法をご提供しています。