がん免疫療法・がん複合免疫療法

自然免疫・獲得免疫とは

自然免疫・獲得免疫とは

免疫には「自然免疫」と「獲得免疫」があります。

自然免疫:生まれつき体に備わっている仕組み

「自然免疫」とは、ウイルスや細菌などの異物が体内に入ってくると、それを排除しようとする免疫反応のことです。
免疫反応では、血液中の白血球が機能し、その白血球中には、好中球・リンパ球(NK細胞、T細胞、B細胞)・好酸球・単球などが含まれています。これらはウイルスや細菌等、体内に侵入した異物を攻撃し、排除する機能を有しています。また、各々攻撃・排除の対象となる異物が違うなど、その役割を分担しています。
「自然免疫」はあらゆる動物が有しており、自身の体をウィルスや細菌から守る大切な仕組みですが、がんのように「自然免疫」による排除が難しいケースも数多くあります。

獲得免疫:異物に応じた攻撃方法を記憶する後天的な仕組み

「獲得免疫」とは、「自然免疫」による排除を逃れ、体内で増殖を始めたウイルスや細菌、がん細胞が現れた時に機能する免疫反応です。
ウィルスや細菌あるいはがん細胞の目印(抗原)を認識し、その抗原に応じた排除方法を選択する高度な免疫反応で、T細胞やB細胞といったリンパ球が機能します。
抗原に出会うと、これらのT細胞やB細胞といったリンパ球が大量に増殖し、強い殺傷能力を発揮します。
また、抗原に応じた排除方法を学んで記憶することで、次に同じ抗原に出会った際に即時に排除することが出来ます。
この免疫反応は後天的に獲得されるため、「自然免疫」と区別して「獲得免疫」と呼ばれます。

がんワクチンは獲得免疫の特性を利用して、予防や治療に活用する

「獲得免疫」の仕組みを利用し、がんの予防や治療に活用する目的で誕生したのが、がんワクチンです。

NEOクリニック東京では、❝Precision Medicine(プレシジョンメディシン)❞に基づき、ネオアンチゲンペプチドワクチン療法オンコアンチゲンペプチドワクチン療法を中心にがん免疫細胞療法サイトカイン療法免疫チェックポイント阻害療法分子標的療法などとも組み合わせ、患者さま一人ひとりに合ったがん複合免疫療法❞を提供致します。

TOPICS