がん治療

サイトカイン療法

サイトカイン療法

サイトカイン療法とは

免疫細胞から分泌されるタンパク質の総称をサイトカインといい、その働きを利用した治療がサイトカイン療法です。
サイトカインには、全身に作用して免疫細胞(リンパ球など)を活性化させ、がん細胞への攻撃を助ける働きがあります。

「がん免疫療法」は免疫の力を利用してがんを攻撃する治療法で、いくつもの治療法がありますが、その役割に応じて「免疫の働きにブレーキがかかるのを防ぐ治療」と「免疫の攻撃する力を強める治療」の2種類に分類することが出来ます。サイトカイン療法は前者の「免疫の働きにブレーキがかかるのを防ぐ治療」に対応する治療法です。

サイトカイン療法の種類について

T細胞・NK細胞を増殖・活性化する「インターロイキン」を活用する治療法やNK細胞・マクロファージを活性化させ抗腫瘍効果のある「インターフェロン」を活用する治療法があります。

NEOクリニック東京では、❝Precision Medicine(プレシジョンメディシン)❞に基づき、他の治療法と適切に組み合わせた「サイトカイン療法」をご提供し、治療効果の最大化を図ります。