初診の方へ

Precision Medicine(プレシジョンメディシン)とは

Precision Medicine(プレシジョンメディシン)とは

同じ臓器のがんでも、遺伝子レベルで見ると原因が異なるケースがあります

❝Precision Medicine(プレシジョンメディシン)❞とは、「それぞれの患者さまに見合った最適な治療を行う医療」のことで、がん患者さまだけでなく、あらゆる病気の患者さまが対象とされます。
しかし、患者さま一人ひとりの体質などが異なるため、「それぞれの患者さまに見合った最適な治療」を選ぶことは、実はとても難しいことです。
がんの場合は、同じ臓器のがんでも患者さまによって原因となる遺伝子異常が違う場合があります。

医療技術の進歩により、従来よりはるかに高速かつ安価に遺伝子を解析することができる「次世代シーケンサー(NGS : Next Generation Sequencer)」と呼ばれる機器の登場しています。それにより、それぞれの患者さま個別のがん細胞の遺伝子異常を調べることができるようになりました。
それぞれの患者さまのがんの性質が、以前より詳細に分かるようになってきているのです。

これまでのがん治療とプレシジョンメディシンのちがい

「平均的に効く治療」から、「あなたのがんに最適な治療」へ

このような背景から、細胞を遺伝子レベルで解析し、患者さまの個人レベルで最適な治療方法を提供するというがん治療における❝Precision Medicine(プレシジョンメディシン)❞が誕生しました。
がん治療における❝Precision Medicine(プレシジョンメディシン)❞は、がんの予防・診断から分子標的薬を含む薬剤の投与、第4のがん治療法と呼ばれる「がん免疫療法」に至るまで、幅広い分野を包括しています。

NEOクリニック東京では、この❝Precision Medicine(プレシジョンメディシン)❞をがん治療の基本方針とし、患者さま一人ひとりに応じた個別の治療❝次世代型のオーダーメイド治療❞を提供しています。

標準治療を補完する、新たな治療の選択肢を提供します

現在の健康保険制度の制約のなかで、保険診療を主体とする一般の病院では、たとえ遺伝子解析によって適合する可能性のある薬剤が見つかっても、その薬剤の多くが保険適用の対象外であるために、結果として投与できないという状況が生じています。

NEOクリニック東京では、がんの予防・診断から第4のがん治療と呼ばれる「がん免疫療法」、分子標的薬を投与する「分子標的療法」に至るまで、健康保険制度の枠組みにある標準治療を補完する幅広い治療を行っています。「がんゲノム医療」を中心とした先端医療と標準治療を適切に組み合わせることにより、患者さま一人ひとりに応じた個別の治療❝次世代型オーダーメイド治療❞をご提供致します。

またがん治療の補助療法である「がん性腹水治療」や「がん運動療法」など、患者さまの生活の質を改善し、可能な限りこれまでの生活を維持していくことにも取り組んでいます。

がんリスクを早期に検知、がん発症や再発予防も

がん患者さまも含む全ての方の健康寿命を延ばすことを目的に、がんの予防・対策にも取り組んでいます。

リキッドバイオプシーによるがん検査により、発症前の「がんリスク」を検知し、がんの予防・対策を行います。
リキッドバイオプシーによるがん検査とは、血中に流れるごく微量ながんの遺伝子異常を検出することにより、がんの早期発見や早期診断が期待される検査です。検査結果は、一人ひとりに応じた最適な治療方針の策定に活かすこともできます。

また「がんリスク」を検知した方に対しては、「がん免疫療法」や「老化細胞除去療法(senolytic therapy)」などの発症するリスクを低減させる治療を提供しています。

あらゆる観点から調和した医療サービスをご提供し、がん患者さまが最大限の治療効果を得るためのトータルサポートを行っています。

こんな患者さまはお気軽にご相談ください

  • 抗がん剤が効かない、効かなくなってしまった
  • 自分に合った抗がん剤を選択したい
  • がんの再発や転移に不安や悩みを抱えている
  • セカンドオピニオンを受けてみたい
  • プレシジョンメディシンについてもっと詳しく知りたい

詳しい情報は、がん免疫療法のページからご覧いただけます。

まずはお気軽にお問い合わせください