がん治療

ネオアンチゲンペプチドワクチン療法

ネオアンチゲンペプチドワクチン療法

ネオアンチゲンペプチドワクチン療法とは

がん細胞の遺伝子変異を解析(ゲノム解析)することにより特定されるがん抗原「ネオアンチゲン」を使用します。
特定された「ネオアンチゲン」を基に化学的に合成されたペプチドをワクチンとして投与し、患者さま一人ひとりのがんに特異的な免疫細胞の活性化を図ります。

ネオアンチゲンペプチドワクチン療法の特徴

がん細胞のみに発現する抗原を用いるため、免疫原性*が非常に高い

ペプチドワクチン療法で数多く用られる「オンコアンチゲン」は、がん細胞に多く見られる抗原ですが、正常な細胞でもわずかに発現します。
一方「ネオアンチゲン」は、正常細胞には発現せずがん細胞のみに発現する抗原です。
このため「ネオアンチゲンペプチドワクチン」には、免疫原性が非常に高いという特徴があります。

*体内で免疫反応を引き起こす能力

抗腫瘍免疫*が誘導されやすい

「ネオアンチゲン」は、次世代シーケンサーを活用したゲノム解析により特定される、遺伝子レベルで患者さま個別に特化したがん抗原です。
そのため、このがん抗原を用いる「ネオアンチゲンペプチドワクチン」には、抗腫瘍免疫が誘導されやすいという特徴があります。

*がん細胞の増殖を抑えたり、死滅させたりする免疫のこと

重篤な副作用がほとんどみられない

ネオアンチゲンペプチドワクチン療法はご自身の免疫機能を活性化させる治療であるため、重篤な副作用はほとんどみられません。
ただし、注射による治療となるため、予防接種のように一時的な注射部位の赤み・腫れ・かゆみ・微熱・倦怠感などがみられることもあります。

NEOクリニック東京では、❝Precision Medicine(プレシジョンメディシン)❞に基づき、他の治療法と適切に組み合わせた「ネオアンチゲンペプチドワクチン療法」をご提供し、治療効果の最大化を図ります。