がん治療

オンコアンチゲンペプチドワクチン療法

オンコアンチゲンペプチドワクチン療法

オンコアンチゲンペプチドワクチン療法とは

がん組織やそこに浸潤するリンパ球を調べ、データベースを活用して予測されるがん抗原「オンコアンチゲン」を使用します。
予測された「オンコアンチゲン」を基に化学的に合成されたペプチドをワクチンとして投与し、がんに特異的な免疫細胞の活性化を図ります。

オンコアンチゲンペプチドワクチン療法の特徴

迅速なワクチンの製造・投与が可能

白血球の型を調べ、既に構築されたデータベースと照合して、がんに発現する抗原「オンコアンチゲン」を予測します。
ゲノム解析を必要とする「ネオアンチゲンペプチドワクチン療法」と比較して、迅速にワクチンを製造・投与することが可能です。

臨床レベルのデータが豊富

臨床研究・臨床試験の実績が多数あり、エビデンスレベルが高い治療法です。

重篤な副作用がほとんどみられない

オンコペプチドワクチン療法はご自身の免疫機能を活性化させる治療であるため、重篤な副作用はほとんどみられません。
ただし、注射による治療となるため、予防接種のように一時的な注射部位の赤み・腫れ・かゆみ・微熱・倦怠感などがみられることもあります。

NEOクリニック東京では、❝Precision Medicine(プレシジョンメディシン)❞に基づき、他の治療法と適切に組み合わせた「オンコアンチゲンペプチドワクチン療法」をご提供し、治療効果の最大化を図ります。