がん予防

リキッドバイオプシーによるがん検査

リキッドバイオプシーによるがん検査

リキッドバイオプシーによるがん検査とは

リキッドバイオプシーとは、血液などの体液をつかって、病気の有無や性質を調べる検査手法で、がんの予防・治療においても活用されています。
組織を採取して検査を行う従来の生検と比較して、体への負担が少なく、繰り返し検査を行うことができるという特徴があります。

がんは遺伝子の異常が原因となって起こる病気で、その原因となる遺伝子異常は一人ひとりによって異なります。
リキッドバイオプシーによるがん検査とは、血中に流れるごく微量ながんの遺伝子異常を検出することにより、がんの早期発見や早期診断が期待される検査です。
また、検査結果は、一人ひとりに応じた最適な治療方針の策定に活かすこともできます。

NEOクリニック東京のリキッドバイオプシーによるがん検査

NEOクリニック東京では、がん患者さまも含む全ての方の健康寿命を延ばすことを目的に、がんの予防・対策にも取り組んでいます。
リキッドバイオプシーによるがん検査により、発症前の「がんリスク」を検知し、がんの予防・対策を行います。
また「がんリスク」を検知した方に対しては、「がん免疫療法」や「老化細胞除去療法(senolytic therapy)」などの発症するリスクを低減させる治療を提供しています。