症例

症例06 食道がん⇒腹腔内リンパ節転移 

症例06 食道がん⇒腹腔内リンパ節転移 

治療内容

食道がんから腹腔内リンパ転移したがんに対して、がんペプチドワクチン療法と免疫抑制解除薬を組み合わせた「がん複合免疫療法」を行う。

治療結果

腫瘍が消失し、根治を実現する

治療前
治療後
治療前
開始後2ヶ月
開始後8ヶ月
開始後11ヶ月
開始後50ヶ月

キラーT細胞の著明な増加が認められ、血液中のリンパ球ががん抗原に対して強い免疫反応を示す