初診の方へ

がんゲノム医療

がんゲノム医療

がんゲノム医療とは

がんゲノム医療とは、従来の発症臓器別の診断・治療とは異なり、個々のがん患者さまのゲノム情報に基づき、診断・治療方針の策定、分子標的薬の選択を行う療法のことです。

発症部位が同じがんであっても、原因となる遺伝子異常は患者さま一人ひとりによって異なります。
NEOクリニック東京では、患者さまのゲノム情報や疾患関連遺伝子を次世代シーケンサー(NGS : Next Generation Sequencer)を用いて網羅的に解析し、疾患の診断や治療方針選択の補助として活用します(クリニカルシーケンス)。
また、解析された遺伝子変異の結果を最新の臨床エビデンスと照合することで、患者さま一人ひとりに応じた最適な治療方針の策定や分子標的薬の選択を行います。

がんゲノム医療の流れ

【参考】次世代シーケンサーを用いたゲノム解析結果(例)

NEOクリニック東京 土方医師論文
「JCO Precision Oncology.2020」より抜粋