がん免疫療法

がん免疫療法とは

がん免疫療法とは

ネオアンチゲンペプチドワクチン療法

従来のペプチドワクチン療法においては、「腫瘍関連抗原」が多く用いられてきました。「腫瘍関連抗原」は、がん細胞に多く発現しているものの、正常な細胞でも僅かながら発現が見られる抗原です。これに対して、「ネオアンチゲン(Neoantigen)」は新生抗原/腫瘍特異的変異抗原などとも呼ばれ、「腫瘍関連抗原」とは異なり、がん細胞のみにその発現が見られます。また、ネオアンチゲンは患者さま一人ひとりのがんにより異なる性質を有します。
当クリニックでは、次世代シーケンサー(NGS)を用いてがん組織や血液の遺伝子解析を行うことで、患者さま個人レベルのがんだけに発現しているネオアンチゲンを特定します。そして、特定されたネオアンチゲンを基に患者さま一人ひとりに適したペプチドを化学的に合成し、それを投与することでがんに特異的な免疫細胞の活性化を図ります。
当クリニックの医師は、東京大学医科学研究所附属病院や九州大学病院での本療法に関連する臨床研究や臨床試験に数多く携わり、豊富な経験を有しています。

参考資料(臨床研究・臨床試験)

免疫チェックポイント阻害療法、サイトカイン療法など

これまでの免疫療法では、免疫機能の攻撃力を高める方法が中心でしたが、近年、がん細胞が発する化学物質等により、免疫の働きにブレーキがかかり、正常な免疫反応ができないことがわかってきています。従来の免疫を高めるだけの免疫療法の効果が乏しかったのはこのためです。
当クリニックでは、リンパ球の攻撃力を回復させる「免疫チェックポイント阻害療法」や、免疫抑制状態を解除するための少量での「抗がん剤療法」や「抗体療法」、「分子標的療法」や「サイトカイン療法」を「ネオアンチゲンペプチドワクチン療法」と組み合わせ、より効果の期待できる治療をご提供致します。
当クリニックでは、リンパ球の攻撃力を回復させる「免疫チェックポイント阻害療法」や、免疫抑制状態を解除するための少量での「抗がん剤療法」や「抗体療法」、「分子標的療法」や「サイトカイン療法」を「ネオアンチゲンペプチドワクチン療法」と組み合わせ、より効果の期待できる治療をご提供致します。
当クリニックの医師は、大学病院の臨床研究等で上記治療方法の検証に携わっており、学会や海外専門誌にてその結果の発表を行うなど、豊富な知見を有しています。

参考資料(臨床研究・臨床試験)

がん免疫療法の流れ

がん免疫療法の流れ
PAGE TOP
PAGE TOP
  1. 03-6450-4796
  2. web予約
院長
大田 泰徳
診療内容
腫瘍内科・内科・皮膚科
住所
〒108-0071
東京都港区白金台3-14-4 LBビルディング6階
TEL
03-6450-4796
MAIL
info@shirokane-cancer.jp
最寄駅
東京メトロ南北線 白金台駅1番出口からすぐ
休診日:火曜・金曜・土曜・祝日
:13:00~18:00
診療時間
10:00~17:00
19:00~21:00